武田羅梨沙多胡の読み方と本名!お腹やへそが話題?絵が上手すぎる一面も!

2017年にデビューしたばかりの武田羅梨沙多胡さんは、人気作品のキャラクターやブシロード作品の主演など新人とは思えないほど活躍している大注目の声優さんです。

同時に、一度見たら気になってしまう名前にも注目されています。そんな武田羅梨沙多胡さんの名前の読み方と本名はもちろん、お腹やへそ話題?についてと絵が上手すぎる一面など気になる武田羅梨沙多胡さんを色々紹介します。

武田羅梨沙多胡のプロフィール!読み方や本名は?

ブリドカットセーラ恵美さんなど名前にインパクトのある声優さんも多いですが、武田羅梨沙多胡さんは一度見ただけでは読めないけどインパクトが強すぎてつい検索してしまいたくなるほど強く印象に残る名前です。

そんな名前を一度見たら忘れられない武田羅梨沙多胡さんのプロフィールを紹介します。

プロフィール
名前:武田 羅梨沙 多胡(たけだ らりさ たご)
生年月日:9月30日
出身地:愛知県岡崎市
家族:父親が日系ブラジル三世、母親が日本人
趣味:歌を歌うこと、写真を撮ること
特技:絵を描くこと、デザイン
好きなイラストレーター:黒星紅白
苦手なこと:ダンス
事務所:アイムエンタープライズ
愛称:らりちゃん、たごちん、りさこら太、らちーな、ごんごん、らりっさ

武田羅梨沙多胡さんは2017年にデビューしたばかりの新人声優さんですが、話題作『僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件』の主人公に想いを寄せる幼なじみの有山雫役を演じるなど新人とは思えない驚きの大活躍をしています。

さらに、大人気作品『アイドルマスターシンデレラガールズ』でも新実装キャラの喜多見柚役を演じています。

新に実装となった喜多見柚の声優発表では、名前のインパクトが強すぎて多くのファンが武田羅梨沙多胡さんの名前に一瞬戸惑ったそうです。
しかし、演じた声を聞いたファンからは、明るく元気で喜多見柚そのものだと大好評です。

武田羅梨沙多胡の読み方や本名は?

芸名のように感じる武田羅梨沙多胡さんの名前は本名です。読み方は“たけだらりさたご”と読み、“武田(たけだ)羅梨沙(らりさ)多胡(たご)”と三分割になっています。

名前の切り方にも意味があり、日系ブラジル三世であるお父さんのブラジル流に名前が構成されており、武田(たけだ)はお母さんの姓で、多胡(たご)はお父さんの性になっています。なので、名前の部分は羅梨沙(らりさ)さんということになります。

本来ブラジルでは『個人の名+母方の姓+父方の姓』で名付けられるそうで、正式には『Larissa Takeda Tago』となり、日本語で表すと『羅梨沙・武田・多胡』になります。

声優として活動するにあたり日本風の名前の方が良いだろうということになり、お母さんの性を一番最初にした現在の『武田羅梨沙多胡』として名乗っています。ただ、ブラジルの風習とはいえ名字が二つあることには驚きです。

芸名ではなく本名で活動している武田羅梨沙多胡さんですが、その本名が難しい名前なのでEDテロップに名前が出てもすぐに読めないという人も多くいます。

ただでさえ日本では珍しすぎる名前を持つ武田羅梨沙多胡さんは、自分でも自分の名前をパソコンなどで入力することが難しいらしく、『羅生門・梨・沙悟浄』と個別に変換しながら自分の名前を入力していると語っています。

そもそも何処までが名字で何処までが名前なのかわからないと言われる武田羅梨沙多胡さんの名前について、『アイドルマスターシンデレラガールズ』で共演しているルゥティンさんに『タケダラ・サタゴ』と応えたそうで、ルゥティンさんはその間違った区切りを信じ込んでいたというエピソードもあります。

スポンサーリンク

武田羅梨沙多胡のお腹やへそが話題?

武田羅梨沙多胡さんのお腹やへそが話題になっていますが、この話は武田羅梨沙多胡さん自身のお腹やへそではなく、仲良し声優の中島由貴さんのへそを触ったエピソードがあるという話が元ネタになっています。

中島由貴のへそを触った武田羅梨沙多胡

『アイドルマスターシンデレラガールズ』で行われたライブに出演した武田羅梨沙多胡さんが衣装へのこだわりをラジオで語っていた際、一緒に共演していた中島由貴さんのへそを触ったというエピソードを語っています。

武田羅梨沙多胡さんと仲良し声優さんの中島由貴さんといえば、ベースの演奏力が高くRoseliaの2代目今井リサ役として話題になっている声優さんで、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の乙倉悠貴も演じています。

武田羅梨沙多胡さんとは『バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~』に出演したことが縁となり、現在は一緒に『かわいいラジオ』という番組を一緒に配信しています。

武田羅梨沙多胡も気になるお腹

武田羅梨沙多胡さんのお腹も気になるファンも多く、学生時代少しぽっちゃりな体型だったことを気にしているのか、武田羅梨沙多胡さんはゆったりめな服装で動画配信など顔出し出演を行っています。

現在はすっきりと平均的な体格に落ち着いている武田羅梨沙多胡さんですが、本人としてはやはり気になっているのかもしれません。

スポンサーリンク

武田羅梨沙多胡には絵が上手すぎる一面も!

武田羅梨沙多胡さんといえば、ネット上のプロも驚くイラストが上手い声優さん16人にも選ばれているほど絵やイラストが上手く、現在も仕事としてイラストを描いている声優さんです。

イラストレーターの学校に通っていた武田羅梨沙多胡

武田羅梨沙多胡さんは昔から絵を描くことが好きで、高校時代は漫画研究部に所属し、高校卒業後もイラストレーターを目指し名古屋モード学園のグラフィック学科に進み大活躍されていました。

武田羅梨沙多胡さんは在学中、住宅関連企業のレオパレス21とサンゲツが共同でコラボした名古屋らしい部屋を作るという企画で優秀賞を受賞し、さらにジーンズメイトが主催した『Spring&Summer2015Tシャツコンテスト』に名古屋モード学園で唯一優秀賞の24作に選ばれた実績を持っています。
しかもそのTシャツは当時販売もされていました。

コミケへの出店も考えている武田羅梨沙多胡

イラストが得意なだけでなく漫画も大好きで広範囲の知識を持っている武田羅梨沙多胡さんは、いつかコミケへの出店も挑戦してみたいと語っています。

事務所に所属するプロの声優さんなので個人名義で趣味の本を出すことは難しいと考えている武田羅梨沙多胡さんですが、徳井青空さんのように大々的にペンネームを公表するなど、実際コミケに出店しているプロの声優さんはいます。

ファンも驚くハイレベルなイラスト力で、今後コミケへの出店が期待されています。

読み方と本名が気になる武田羅梨沙多胡さんのお腹やへそが話題?や、絵が上手すぎる一面について紹介しました。

イラストレーターを目指し専門学校に進学した武田羅梨沙多胡さんですが、声優にも興味があり今やらなきゃ後悔すると考え当時養成所とのダブルスクールで勉強をしてきたと語っています。

武田羅梨沙多胡さんは2017年にデビューしたばかりの新人ですが、前向きに努力し負けたくないという強い意志を持っているからこそ主演など数々のメインキャラクターを勝ち取ってきました。

名前に関する反応が多く別の意味でも話題になりやすい武田羅梨沙多胡さんですが、声優としての活躍はもちろんイラストなど幅広い活躍が今後も期待されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク