原紗友里の婚約やゲスが気なる!飯屋の由来や出身大学についても!

アイドル系のキャラクターを主に演じている原紗友里さんですが、実は奔放で面白い性格をしている女性です。

そんな原紗友里さんの婚約やゲスと言われているなど気になる話題に加え飯屋と呼ばれる由来や出身大学についても紹介します。

原紗友里のプロフィール!出身大学など

阿澄佳奈さんを中心に集められた声優アイドルユニットLISPのメンバーとしてデビューした原紗友里さんは、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の本田未央役に抜擢されて以降アイドル系を中心に色々なキャラクターを演じています。

そんな原紗友里さんの気になる出身大学などプロフィールを紹介します。

プロフィール
名前:原紗友里(はら さゆり)
生年月日:1988年11月5日
年齢:
身長:154cm
出身地:東京都
血液型:A型
趣味:映画鑑賞
特技:絵を描く、モノマネ
好きな食べ物:ご飯に合う醤油味のおかず
嫌いな食べ物:ぎんなん、パクチー(エスニック系が苦手)
苦手なモノ:パーティー用クラッカー
座右の銘:十人十色
事務所:81プロデュース
愛称:さゆりん、さゆさゆ、飯屋
好きな男性のタイプ:親切な人、メガネの似合う人
受賞歴:第2回81オーディションで優秀賞を受賞
資格:英検2級、運転免許はAT限定

原紗友里の出身大学は早稲田大学

個性的な性格と演じるキャラクターにギャップもある原紗友里さんですが、出身大学が早稲田大学と高学歴の声優さんです。

元々出身大学に関しては非公開となっていましたが、同じ声優の小林志保さんと同じ大学で仲良しだったことを公言し、その小林志保さんが早稲田大学出身だったことから原紗友里さんも早稲田大学の出身ということが判明しました。

小林志保さんは法学部を卒業していますが、原紗友里さんの学部までははっきりと分かっておらず、政治経済学部を卒業しているのではないかと言われています。

原紗友里さんは『第2回81オーディション』に合格しLISPのメンバーとしてデビューしていますが、当時はまだ現役の大学生でした。

元々お芝居が好きだった原紗友里さんは、声だけで演技をする声優さんに興味を持ちオーディションを受けたそうです。

早稲田大学は悠木碧さんなど人気声優さんが卒業してる大学としても知られており、原紗友里さんもそんな高学歴声優さんの一人です。

スポンサーリンク

飯屋の由来やゲスについて

アイドル系を主に演じることの多い原紗友里さんがゲスや飯屋と呼ばれていますが、その由来は『アイドルマスターシンデレラガールズ』に関するラジオに出演した際の発言がきっかけになっています。

原紗友里が飯屋と呼ばれる由来

原紗友里が飯屋と呼ばれる由来は、『アイドルマスターシンデレラガールズ』に出演している声優さんがパーソナリティーを務める『デレラジ』恒例の愛称をつけるコーナーです。

アイマス系のラジオ番組『デレラジ』では愛称を付けることが恒例となっており、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の本田未央役に抜擢された原紗友里さんも愛称を考えることになります。

そこで愛称を考えることが苦手だった原紗友里さんは、自分の愛称について「軽々しくあだ名をつけるなんて」や「神のような存在だから」と発言し、一緒に出演していた青木瑠璃子さんが“神”というフレーズから仏・菩薩(ぼさつ)・メシアという候補が出ます。

原紗友里さんは気に入った“メシア”と呼んで欲しいとリスナーに伝えますが、音で面白く判断したリスナーから“飯屋?”というコメントが多く寄せられてしまいます。その後も原紗友里さんは救世主を意味する“メシア”がいいと発言しますが、結局無難に“さゆさゆ”で決定します。

原紗友里さんの愛称は“さゆさゆ”に決まりますが、「誰にどんな願いをしたいか?」のコーナーで改めて「プロデューサーの皆さんにメシアと呼んで欲しい」と主張しました。

そんな原紗友里さんの“メシア”と呼ばれたい熱意に、リスナーからの反応はゲスいというコメントでした。

結局原紗友里さんの愛称は“飯屋”となり、原紗友里さんも「飯屋でいいよ」という開き直りな発言がされ“飯屋”という愛称が定着していきました。

ちなみに、原紗友里さんのお母さんには飯屋の母ということで“母屋”という呼称が付けられ、この愛称を気に入っている原紗友里さんは自分が出演しているラジオでも度々“母屋”というフレーズを使用しています。

原紗友里がゲスいで検索される理由

原紗友里さんがゲスいと検索される理由も、飯屋という愛称に関係しています。

愛称が“飯屋”で定着した原紗友里さんの愛称を決める際の発言や振る舞いに、「原紗友里 ゲスい」というイメージがついてしまったことを気にした原紗友里さんはプロデューサーに「原紗友里 清い」で検索してと投げかけます。

決して原紗友里さんがゲスいわけではなく、バラエティ色の強い原紗友里さんの言動が面白かったというエピソードが理由になっています。

原紗友里さんがゲスいと言われる原因は他にもあり、『THE IDOLM@STER』の天海春香役を演じている中村繪里子さんが出演している『アイマスタジオ』で中村繪里子さんの舎弟風にゲスゲス言っている姿から「原紗友里 ゲスい」と言われるようになりました。

中村繪里子さんは芸人声優というジャンルを新しく切り開いた人物と言われおり、原紗友里さんはその後継者とも言われています。

芸人の素質のあるお調子者で極度のかまってちゃんだという証言もある原紗友里さんは、時折イベントを引っかき回す異質な存在です。

しかし、憎めない愛嬌がある原紗友里さんは周りから妹的な存在として可愛がられています。

スポンサーリンク

原紗友里の婚約や結婚に関する噂

可愛いだけでなく個性が強く独特の世界観を持っている原紗友里さんの婚約や結婚に関する噂が気になりますが、現在はお付き合いしている男性はもちろん結婚や婚約という話はないようです。

ブログやラジオなどで結婚に関する発言はありませんが、以前原紗友里さんが婚約したという噂がネット上で話題になりました。

しかしこの婚約は勘違いで、当時原紗友里さんは『いなり、こんこん、恋いろは。』でコン役を演じており、「原紗友里 コン役」というフレーズが間違って「原紗友里 婚約」として検索されるようになってことが原因です。

親切で優しいメガネの似合う人がタイプだと語っている原紗友里さんですが、過去の様々な発言からショタコン疑惑が囁かれています。

芸人としてのサービス精神からか、発言すればするほど墓穴を掘ってしまう原紗友里さんに“飯屋式多段階墓穴掘る先輩”というあだ名も付いているので、もしお付き合いしている男性がいたらうっかり口を滑らせてしまうかもしれません。

芸人声優とも呼ばれる原紗友里さんの気になる婚約やゲスの噂と飯屋の由来、さらに出身大学について紹介しました。

数々の迷言を残している原紗友里さんですが、飯屋という愛称もその一つでした。

奔放な性格で芸人のような個性を持つ原紗友里さんは、アイドル系や元気いっぱいなキャラクターが得意ジャンルだと語っています。

『このすばらしい世界に祝福を』シリーズでは欠かせない冒険者ギルドの受付嬢ルナ役などお姉さん系キャラクターも演じており、今後も原紗友里さんの強みを活かしながら演じるキャラクターと迷言に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク